イメージ画像

下半身が痩せる効果的な方法をご紹介!

下半身が痩せるようにするための基本的な方法は、
ストレッチやマッサージ、適度な運動になります。
 
下半身が太ってしまう原因はむくみや筋肉のコリ、
脚のゆがみなどの様々な要因が考えられますので、
その対処法も多方面からアプローチしていく必要があります。
 
むくみがある場合はマッサージやストレッチを重点的に行い、
むくみや冷え性になりやすい食生活も見直していきましょう。
 
それでも改善が難しい場合は脚がゆがんでいる可能性があるので、
整体効果のあるストレッチも並行して行うと効果があるかもしれません。
 
以前スポーツをしていて急にやめてしまったことがきっかけで
脚が太ってしまうケースもあります。
 
この場合は堅くなった筋肉の上に脂肪が溜まっている状態で
厄介なのですが、マッサージを重点的に行いコリをほぐすことで
血液やリンパの循環が正常になり、ダイエット効果も表れやすくなります。
 
下半身が痩せるどんな方法においても、継続することが一番大事になります。
 
どんなに優れたストレッチ法やエクササイズでも、
3日坊主で挫折してしまっては意味がないのです。
 
エクササイズを続けるのが難しいときはウォーキングや自転車こぎなど
簡単なところから始めてもいいし、マッサージもお風呂に入るついでに
行うなど日常的に実践しやすいように工夫してみましょう。
 
自分の脚が太って見える原因を明らかにし、
それに合わせた続けやすい無理のない方法を選ぶことで、
効果的に下半身が痩せるようにしていきましょう。
 
 

タグ

下半身にできたセルライトの対処法は?

下半身にできてしまったセルライト解消に苦労している女性も多いのではないでしょうか。
 
セルライトはリンパの滞りや筋肉のコリが積み重なってできた脂肪の塊であり、
除去するのにも一苦労です。
 
専門の施術でセルライト除去してもらうのが一番手っ取り早いですが、
できれば自宅でお金をかけずに行いたいものですよね。
 
下半身にできたセルライトを自宅で除去できる簡単な方法としては、
お風呂上りのあとのマッサージが挙げられます。
 
お風呂でリンパや血液の循環が良くなっているときに
マッサージを行えば効果も上がり、しつこい脂肪の塊にも有効です。
 
下半身のセルライトをマッサージするとき、
触った感じがぶつぶつしていて痛みがある場合もあります。
 
強くもんだときに痛みが気になる場合は、
セルライト用のマッサージクリームを使用すると良いでしょう。
 
手がすべりやすくなりマッサージも楽になるだけでなく、
クリームの感触によってリラックス効果も得られます。
 
脚をもむときには、下から上へと揉み挙げるようにしてください。
 
ひざの裏や足の付け根のあたりのあるリンパ節も
軽く押すように刺激してむくみを解消しましょう。
 
リンパ節はデリケートな部分ですので、
あまり力を入れすぎないように気を付けてください。
 
下半身のセルライトケアは部分的なマッサージにとどまらず、
体全体をストレッチすることでも脂肪がつきにくい体質になるので
結果的に有効です。
 
食事も腹七~八分にしたり、適度な運動を週間にするなど
生活習慣の見直しも同時に行いましょう。
 

タグ

手軽にできる下半身ストレッチ

下半身を痩せるひとつの方法としてストレッチが有効です。
 
ストレッチを日常的に実践すると、下半身痩せに効果があるだけでなく
身体を動かしやすくなったり、リラクゼーション効果もあるなど
メリットは様々です。
 
下半身痩せのためには時間をとってエステに通ったり、
温泉で循環を良くするのも良いですが、ここでは自宅でも数分で行えて
十分に効果のあるストレッチのポイントを紹介したいと思います。
 
下半身ダイエットがなかなか継続するのが難しいという人でも、
簡単なストレッチなら毎日でもできるのではないでしょうか。
 
まず下半身のストレッチを行うタイミングですが、
お風呂から上がった時が最も有効とされています。
 
痛いと思う手前まできたら、ゆっくり息を吐きながら
さらに伸ばしていくのがポイントです。
 
特に重点的に伸ばしたい部分は、大腿四頭筋や腓腹筋になります。
 
これらの筋肉は日常的に酷使しており、疲労物質や老廃物、
むくみが溜まりやすくなっている部分です。
 
ハイヒールを履くことの多い女性は特に大腿四頭筋に負担が
かかってしまっているので、念入りに伸ばすようにしましょう。
 
腓腹筋も下半身の循環機能を担っており
目立たないところで活躍しています。
 
第2の心臓と呼ばれているほど重要な役割を持っている腓腹筋ですが、
ここを柔軟にすることで下半身全体の代謝がアップして部分痩せに
とても効果的なのです。
 
下半身のストレッチをするときには以上で紹介した筋肉を意識してください。
 

タグ

このページの先頭へ